2017年09月23日

Blacmagic Design UltraStudio Express

中古ですが昨日、商品が届きました。全機能まで試していませんが、早速、接続して主な動作確認を行いました。
写真はイメージ(Macのコンセント繋がってません)ですが、基本的な接続はThunderboltケーブル1本。これのみで電源供給、映像モニタ・その他外部機器とSDI/HDMIの接続が可能になります。煩わしいACアダプタが要らないのが使い勝手面で嬉しい!。
IMG_3107.JPG

音声やアナログ入出力の取り出し、VTRデッキコントロールが必要な場合は、2種類が付属しているマルチケーブルを接続先に応じて使い分けます。
IMG_3108.JPG

ボディはMac BookやMac Book Proの質感に合わせたアルミ合金製でズッシリ。裏面は厚みのあるフェルト状の
滑り止めが施されています。コンパクトでノートタイプのMacとの組み合わせ用にはピッタリですね。
IMG_3106.JPG

キャプチャー用機器については、ほぼ全機種共通のドライバで動作するところが、Blacmagic製品のいいところです。インスートルしてあるマシンであれば、異なるキャプチャー機器に繋ぎ換えても、自動的にドライバが切り替わり、2、3箇所の初期設定をし直すだけで使い始める事が出来ます。
001.jpg
あとは実践での品質や性能面ですが、続きはまた。
Blackmagic Design UltraStudio
posted by tera-pro管理人 at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 試用いろいろ

2017年09月07日

LTFS方式でテープバックアップの検証

新しいファイルシステム、LTFS方式によるLTOテープドライブのバックアップ検証ですが、思いのほか順調です。結論ですが、まず実運用で問題はないでしょう。今回に限ったことではないですが、新しい技術については3年ほど、枯れるまで待たないと安定しないんですね。
IMG_3064.JPG

映像データばかりでなく、日頃、使っている原稿や事務ファイル、アプリケーションの入ったHDDも試してみました。毎月、定期的にバックアップを取るんですが、容量が約400GBとBD-Rでは収まらず、HDD同士では3〜4時間を要しています。テープへのバックアップでは、ベリファイをかけても1時間少々で完了しました。LTFS方式は一つのボリューム上に追記出来るのも特徴なので、3回分(3ヶ月)を保存し、4回目ごとにフォーマットをかけて、カートリッジを使い回すのもアリかなと活用方を検討しています。

禁則文字.jpg

LTFSファィルシステムでは、気を付けなければいけない事に禁則文字があって、ファイル名に / (スラッシュ) 等を付けていると、エラーログが出て怒られます。検証中のツールではバックアップ時に自動で付け替えてくれますが、トラブル防止の観点からも、記号は_ (アンダーバー)以外、使わない習慣を付けた方が良いでしょう。
posted by tera-pro管理人 at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 試用いろいろ

2017年09月04日

税込1350円、送料無料のトナーカートリッジ

人柱的な報告になりますが。
今年の納税・申告も済んだところで、会計ソフトより前年度分の帳簿を保管用にプリントアウトしなければなりません。レーザープリンタのトナーが残り少なくなっており、交換してから出力することにしました。
今回は経費も減らしたいので、再生品を探していたところ、ヤフーストアにこのような品が。
https://store.shopping.yahoo.co.jp/mitastore/9435b003go.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsr_title

純正品ならば7,000円ほどしますが、税込1,350円で送料も無料とな!。もちろん、Tポイントは別途つきます。
スクリーンショット 2017-09-04 18.10.01.png

ポチッと発注後、どんな商品が来るのか恐々としながら待つこと1日。セオリー通りに翌日、何と、○川とかでなくヤマトの宅急便で到着。契約価格といえど、ポイント負担分(これ、ショップに転嫁してくるんですよね。)や運賃を差し引いたら、一体どれだけ儲かるんでしょうかね。
IMG_3056.JPG

互換品ということでしたが、どうみても各所に使用感がみられる再生カートリッジ(左)でした。メーカー・型番名のところに上からステッカーを貼ってあるのは、ご愛嬌です。^ ^
IMG_3057.JPG

早速、プリンターの内部を開けて交換。
IMG_3058.JPG

全ページ500枚ほどを一気に出力しましたが、特に印字の擦れ・汚れ、動作の異音もありませんでした。
記帳の工夫や別の要因もありますが、こうして見ると近年は最盛期と比べて薄くなってしまったなぁ。
本体の製造メーカーさんには申し訳ないですが、次から純正の新品には戻れなそうです。
IMG_3059.JPG
posted by tera-pro管理人 at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 試用いろいろ