2017年12月04日

8TB外付けHDD

そろそろ、安くなってきたので、まずは試しに1台購入してみました。バルクを買うのも何年ぶりでしょうか。
製品は東芝のMD05ACA800〔SATA600 7200〕。実勢値は税込み23,000円代まで下がってきました。
今はやや古くなってしまった既製品のLaCieのケースに換装します。左は元から入っていた1TBのHDD。世代が離れているので、果たして動作してくれるかどうか。
IMG_3538.jpg

話には聞いていましたが、今のHDD本体は底面にある取り付けネジの位置が変更されて、旧タイプのケースだと2本でしか固定出来ません。横方向のピッチは4本とも同じで、従来通りです。写真のLaCieはアルミ製ケースなので、ドリルで穴を開けてやれば大丈夫ですが。
IMG_3539.jpg

ケースに組み付け後、Macに繋いだところ、特に問題もなく認識、フォーマット出来ました。スピードも申し分なし。後日よりLTOカートリッジに書き込んである内容点検を兼ねて、このHDDにリカバリを行い、普段の映像取り出し用とする予定です。
003.jpg

004.jpg



posted by tera-pro管理人 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 試用いろいろ

2017年12月03日

4K→HDスケーリングテスト(Premiere Pro2018編)

こないだの4K映像変換による差が露呈してから、ほかのソフトではどうなのか気になってPremiere Proでも試してみました。最新のCC 2018体験版ですが、もうOSX10.10じゃインストール出来ないんですね。幸い、ちょうどリカバリの際、間違ってOSX10.11を入れてしまった方のMacがあったこともあり、所定の10.10に戻す前に試させて貰いました。OSX10.11は色々と使い勝手が悪くて・・。
スクリーンショット 2017-12-03 15.30.04のコピー.jpg

インストール後、早速、4Kサンプル素材を並べたタイムラインから書き出します。公正のため弊社で標準形式なDnxHDファイルで出して、メインで使っているMCに読み込んでから映像出力をマスタモニタで比較。結果は先週やり直した画像と甲乙つけがたい品質でした。これまで、AdobeのエンコーダーというとDVDやBDへの変換が汚いイメージで敬遠していましたが、見直しました。なかなかやりますね。あとはFCP XとEDIUS9かな。
スクリーンショット 2017-12-03 16.15.11のコピー.jpg
posted by tera-pro管理人 at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 試用いろいろ

2017年11月23日

DAVINCI RESOLVEとMedia Composer

今、取り掛かっている編集でDAVINCIとMCの連携動作を確認してみました。
AAFファイルという、言って見れば共通互換的なプロジェクトファイルを書き出して、相手のタイムラインにそのまま編集済みシーケンスを読み込んで仕上げるというものです。終わればタイムラインをレンダーで書き出して元のところへ。

スクリーンショット 2017-11-22 20.25.11のコピー.jpg
グレーディングを行うDAVINCIにテストで用意したAAFファイルを読ませると、1フレの狂いもなく各クリップの配置が再現されました。画像は先日撮ってきたLog素材にLUTを当ててみた段階。今後は保有素材を活かした素晴らしい色の描写が期待できそうです。
posted by tera-pro管理人 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 試用いろいろ