2021年12月06日

SDカード海外リテール品

GO PRO用の大容量メディア買い増しで、PayPayモール店からSanDiskのmicroSDカードを購入。
同じものが国内家電で8,000円代するものが2,000円ほどで売っており、最初はまさか偽物?と思いきや、以前にちゃんとしたPCソフトを購入した店も同様に商品を扱っていたので、そうではないようです。
送られきたのはリテールパッケージという海外仕様(といってもSanDiskは海外メーカー)で、最近多くなってきたケースやアダプタがない物です。
211206_1.jpg

手元のmacに繋いでテストしました。非圧縮のNTSCが記録出来る速度ですから転送速度は申し分ないです。リード側はセオリーよりも落ちますが、接続にアダプタを咬ましているんで頭打ちになっているケースも考えられます。
211206_2.jpg

GO PROに入れてみたところ7時間41分の記録時間残量の表示に。容量も偽物に良くある偽装品ではなかったです。ただ1点、フォーマットを実行すると、しばらくして電源が落ちてしまうんですが、ファームウェアの関係ですかね。あとで納品されるモバイルバッテリと合わせて試験してみたいと思います。
211206_3.jpg
posted by tera-pro管理人 at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年12月04日

出物 KTCトルクレンチ

昨日、前ユーザーさんから到着しました。お隣の久御山町に本社工場がある国内老舗ブランド、京都機械工具製。中古とはいえ、殆ど使っていない極上品。車の整備用途として大事に使いたいと思います。これで前から保有品(後)と合わせて、大方の部品取付のトルク管理についてカバー出来ます。
211204_1.jpg

こないだのホィールナットの締め付けですが、本来は車種ごとに指定値(N・m=ニュートン・メートル)がメーカーから定められており、適当に締めると締結力不足で後で緩んだり、逆に強すぎてボルト側の方が変形、破断したりする恐れがあります。アルミとスチールホイールでも値が変わるので注意です。↓メーカー発行の修理書より。
211204_3

今回のオーソドックスなレンチを使う方法ですが、柄のスリーブを回しながら必要なN・mの目盛り値に設定します。
この状態でナットやボルト頭を締めながら設定トルクに達すると、カチッ(感触だけで音が出ない工具もある)とスリップ
する仕組みになっています。素人でも確実な締め付けが出来る測定工具ですね。
211204_2.jpg
posted by tera-pro管理人 at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年12月02日

今度はソケットレンチ

今月に入って、サブ用スマホの未利用だったPayPayフリマアプリに1000円引きクーポン降臨。
ちょうど欲しかったスナップオンのソケットレンチが出ていて、ちょっとだけ値切り交渉。相手が了承してくれてクーポン引き後、支払い額が1500円になりました。
決済用のPayPayは同一名義の複数アカウントは禁止なんで、ガジェットに疎い家族の新規アカウントに変えて買ってもらいました。そしたら、また月末まで使える1000円クーポンが再び。今、もう1個サイズ違いのレンチを気持ちだけ交渉しています。
フリマサイトではダントツ的存在な、メルカリは値切り文化みたいのが、あるんで自分は出しませんが、相手があっての一期一会の商品。常識的な範囲に留めておきましょう。
211202
posted by tera-pro管理人 at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
MAILiconDownload.cgi.jpeg
Powered by さくらのブログ
スポンサーリンク