2021年11月22日

撮影ファイルはBDレコーダーで保存しちゃダメ!!

ハンディカムで撮った映像をBDレコーダーに転送して保存しちゃダメです。
焼かれたRディスク内のファイルが編集ソフトに読めない、ということで預かったんですが、撮った方が10年分の映像をBD-Rに保存した後、元のファイルは既に消してしまったそうです。
もちろん、レコーダーで再生すれば撮った映像は見られるんですが、メーカー間を超えて再生可能な記録モードは数少ないですよね。将来、再生互換のあるレコーダーが入手出来なくなった時点でチェックメイトです。
SONY同士だとUSBを通じてカメラからレコーダーへ転送出来るんだな。メーカーも注意書きの一文を入れてやればいいのに。↓ウチのBDZ-E520の取説より
211122.jpg

恐らく、レコーダーには録画されたTV番組の加工転用を防ぐ意味もあり、リアルタイムで効率よく独自フォーマットに変換出来るデバイスが入ってるんでしょう。PCでRから取り出したファイルを編集素材として使おうとすると、MP4ファイルなのに読めないソフトのが殆ど。何とか読み込めても6割方変換が進んだところで止まったままorハングアップするかどちらかでした。
ちなみに先方がPr→×、EDIUS→×、当方にてDavinci→×、FCPX→×、MC→×、SONY Catalyst→×という結果になり著名なソフトは全滅。一度、転送してしまうとカメラの物とは全く別物のファイルに変わってしまうようです。アナログコンポーネント出力付きデッキを探してキャプチャーするしかないかも。困ったがなしかし。
posted by tera-pro管理人 at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189152741

この記事へのトラックバック
MAILiconDownload.cgi.jpeg
Powered by さくらのブログ
スポンサーリンク