2021年01月16日

車の車体探索

年末に買ったファイバースコープで車の車体点検を行いました。外装パーツやゴムの水抜き栓を外して探索開始。
硬いケーブルを探りながらの撮影は慣れが要ります。
210116_1.jpg

こういう袋部分になっている箇所の底は錆びやすい。褐色の液体に見えるのは以前に噴霧したワックス系の防錆剤です。
ここやタイヤハウス等、外板と床板の先端を重ねて接合してある箇所は、メーカーで塗料やシール剤が完全に回ってないことがあって、雪国地域で対策していない車は、その隙間から水分を含んだ融雪剤が浸透して来て腐食しやすいです。最後はサビで膨れて穴が開いてしまいます。
210116_3.JPG

ドアパネル内部の水抜き穴から。内視鏡カメラなんで、まるで虫の目からみたように写るのが面白いです。今回の点検で
防錆剤が届いていない箇所が判明したり、メンテの予定を立てるのに有意義なものでした。使い道も沢山ありそうです。
200116_2.JPG
posted by tera-pro管理人 at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188313992

この記事へのトラックバック
MAILiconDownload.cgi.jpeg
Powered by さくらのブログ
スポンサーリンク