2020年10月29日

gotoクーポンは利用先の下調べを

先日、遠出した際の宿泊ではgotoトラベルキャンペーンを利用しました。キャンペーンでは宿泊代を基準に35%の還元の他、15%を四捨五入した額相当の地域クーポン券が発行されます。

要点は下記の通りなんですが...(概要は詳しく記載してる他サイトが沢山ありますので、そちらをご覧ください)

・同じ宿でも予約方法(旅行サイト)や手段で、紙クーポンと電子クーポンのどちらかが発行される。紙クーポンはチェックイン時、宿のフロントで交付
・宿泊先の対象地域(およそ隣接都道府県)の対象店舗で使える。
・宿泊クーポンの有効期限はチェックアウト当日の23:59分まで
・おつりは貰えないので、クーポン額+@の買い物に使う。差額は現金他で支払う

そして、問題なのが...
・電子クーポンは対象店舗が、かなり少ない。買い物清算にはQRコードを示す必要があり、スマホ等のモバイル端末必須
・対象店舗は事実上、gotoサイトの↓専用マップから調べるしかない。店舗アイコンを一つづつ開いてみないと紙・電子どちらの対応の店かわからない。使い勝手最悪。
https://map.goto.jata-net.or.jp

今回は2泊目に貰ったのが電子クーポンで、限られた行動時間の中で消化先を探すのに難渋しました。紙の方だと比較的、対象店舗は沢山あるんですが、電子の方はコンビニですら未対応です。
結果的には東北でチェーン店を展開するドラッグストアが対象なのを発見。撮影行では車だったんで嵩張る物、重い物も積んで帰れましたが、公共交通機関利用の出張、旅行だとこれもダメですよね。
201029_1.jpg

帰って来てから知ったんですが、↓gotoの事業者申請サイトから対象店舗リストが落とせるので、これを元に行く先で利用候補を決めておくのがベストなようです。ヤマダ電気、オートバックス、イエローハットが電子クーポンも使えるのは盲点だったなぁ。
体験談も簡単に交えて書きましたが、これから利用される方の参考になれば幸いです。
https://biz.goto.jata-net.or.jp/couponlist.html#coupon
201029_2.png
posted by tera-pro管理人 at 11:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
なんかややこしいですね。
こちらはあまり遠出しないから全く無知です。
遠出しても車が宿。ベット自作ですので布団持ち込めばフラットで寝れます。

節約のケチケチです。

飯はその辺で食べるけど後の酒盛りは車の中でチビチビとしてます。

軽自動車ですけど弄れば家に変身。
テレビはあるしDVDも見れるから不自由はありません。
一人なら車で十分。

因みにベットはホームセンターで部材は揃います。

ビジホみたいに快適空間ではないですけど、体を水平にして寝れるから車も弄れば快適ですよ。

去年の10連休で全て車で生活してました。

気を使わなくていい。というのが最大の魅力です。

車中泊最高です。

さー土曜日は伊勢志摩方面にスナックかな?

因みに来月に恐らくNS34が運用離脱します。




Posted by にゃん at 2020年10月29日 21:44
にゃんさん、こんにちは。
あれだと、かなりの人は貰っても使えず終いじゃないですかね。自分も1泊目(1000円)に貰ったクーポンは期限に気づかず無効にしちゃいました。でも宿代が35%引きになるだけでも有難いですよ。クーポン差し引き6,000円くらいのビジホが3,000円少々で泊まれますし。
今回は移動日の行き帰り道中2泊は車中泊でした。車には普段はマット付(サイズ特注)の棚板が荷物室にセットしてあり、これを外して後部席に持って来ると、座面と足元スペースを覆う寝台になるようにしてあります。幅はかつての☆☆☆印B寝台車相当。フラットなので体も痛くならず楽です。今頃だと暑くも寒くもないですしね。
Posted by tera-pro管理人 at 2020年10月30日 12:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188073334

この記事へのトラックバック
MAILiconDownload.cgi.jpeg
Powered by さくらのブログ
スポンサーリンク