2019年09月11日

9/11 本日の奈良線103系・205系運用

A42=205-100?、A47=103-215(NS407)。

北陸地区最後の国鉄形電車の牙城である七尾線に、521系を来年秋から投入のリリースがありましたね。
同線の電化に合わせて投入された、113系に交流機器を載せて交直流電車となった415系800番代。471系・473系急行形の機器を流用して417系に準じた新製車体を載せた413系の2系列が活躍しています。
中でも413系のうち2編成の金沢寄り先頭車には現役唯一の急行形電車クハ455-701・702が組成されています。元々はクモハ471+モハ470+サハ455編成の413系化に際して、この2両については車齢の若かった455(475)系だった為、車体新造の対象とならず先頭車に転用されたことが存在の理由です。東海型153系電車からの系譜を受け継ぐ車として、引退まで注目の車両となることでしょう。弊社の「最後の国鉄急行形電車475系」にも取り上げていますので、ぜひ、ご覧ください。
https://www.terapro-direct.com/product/23
https://www.terapro-direct.com/product/78
190911.jpg
posted by tera-pro管理人 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186545893

この記事へのトラックバック
MAILiconDownload.cgi.jpeg
Powered by さくらのブログ
スポンサーリンク