2019年09月08日

9/8 本日の奈良線103系・205系運用

A44=103-215(NS407)、A45=205-1004?、A48=205-100?、A50=205-3?。205系は車から踏切ごしによる目視で車番不明です。

先週、起きた京急線踏切で衝突による脱線事故ですが、後になって障害物検知装置(障検)が動作していたにも関わらず運転士側も、信号を見落としたか制動をかけ遅れた疑いが出ていますね。
知合の元JR運転士さんと、一昨日やりとったSNS越しの話では、信号が発光すれば、緊急を知らせる装置だけに、ものすごく目立つし、まず見落とす物ではないのこと。でも、実際の運転では歩行者の無理な横断とかによる反応も多く(この場合、断続的な表示になるそう。)、止めてしまうか減速するかの判断に迷いは生じるそうです。一度止めちゃうと指令に無線で報告して指示を仰いだり、車掌に状況伝えたり運転再開の手続きも面倒ですしね。そしてダイヤも遅れてしまうと。

事故調が調査に入っているんで、何れ原因はわかると思いますが、これを機に、また展望ビデオの撮影許可が出にくくなる鉄道が増えるのでないかと、こちらも心配のタネです。
190908.JPG
posted by tera-pro管理人 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186532892

この記事へのトラックバック
MAILiconDownload.cgi.jpeg
Powered by さくらのブログ
スポンサーリンク