2019年07月18日

アニメ制作会社の事件に思う

昼に商品の発送作業を行なっていたところ、信じ難いニュースが飛び込んで来ました。
隣町の奈良線木幡駅そばに本社があるアニメ制作会社での放火事件。前に新幹線で将来を悲観、焼身自殺を図った犯行者による同様の事件(あれを機に西、九州では展望撮影が不可になりました。)が記憶に新しいところですが、今回は30人を超える方が犠牲となってしまいました。
その多くは職業柄、これから前途が期待される若い方ばかりです。恐らくは、今日も朝に仕事場へ向かい、いつものように作業に就いていたことでしょう。そんな日常の時間を過ごす中で、突然、命を奪われてしまったことを思うと、とても居た堪れない気持ちです。
放火に及んだ41歳の犯人に動機については、会社への怨恨が濃厚のようですが、今回も、破れかぶれ的な行動に及んでいる事から、やはり昨今、拡がりつつある格差社会も遠因しているに違いありません。

負傷されたスタッフの早い回復を願いながら、犠牲になられた方達のご冥福を、お祈りします。
posted by tera-pro管理人 at 00:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
展望といっても駅構内には殆どモザイクがあるから見ていも面白くない、個人情報とかあるけどモザイク入れるなら展望なんぞやらなくていいと思います。個人情報とか言い出すと運転手の顔もモザイク、夕方や朝の撮影には運転手が鮮明に写るのでそれもモザイク?何も出来ない、あ〜イヤイヤ
Posted by フニャッ at 2019年07月20日 15:32
>フニャッさん。こんばんわ。

本当、世知がない世の中になったものです。ドキュメントものなら素材を選んだり出来ますが、ノーカットが原則の展望では回避手段がないですから。
以前なら許可さえでえれば、撮ってきた映像にテロップを打ち込んで行くだけでハイ上がり。メーカーにとって美味しいジャンルでもあったんです。それが今は、音声についても色々直す必要があったり、手間暇のかかること。作り手の本音としてAVモノよろしく、ボカシ、モザイクはかけたくないですね。自社で展望をやらなくなった理由の一つでもあるんですが。
Posted by tera-pro管理人 at 2019年07月21日 21:53
なら裏メニューと言うことで、会員様限定。でないとこれから先サイド、俯瞰、トップライトしか撮れなくなります。斜光の正面?これは運転手が写るので会員様限定映像とかになるので乞ご期待。人物なんてもってのほか、貴重映像盛りだくさん。でしか今後色々な意味での撮影が出来なくなるのは間近です。
Posted by フニャッ at 2019年07月22日 23:43
>フニャッさん

斜光の正面? >
実際、運転士さんの顔が明確にわかる物は外したりしていますよ(泣)。ウチだけでないでしょうけど、表紙のジャケットで使う写真も、不自然にならない範囲で良く修正します。運がいいと制帽の影が目元に落ちてパスなこともありますが。
Posted by tera-pro管理人 at 2019年07月23日 12:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186293375

この記事へのトラックバック
MAILiconDownload.cgi.jpeg
Powered by さくらのブログ
スポンサーリンク