2018年02月23日

京都郵便局の開局後でどうなった?

地元に日本郵便の拠点局が運用を始めて5日目。多少なりとも郵便物到着までの所要が短くなったようです。
20日にV社さんに発注したパスポケット郵便物による取り寄せ商品ですが、先週までなら、早くとも3日目の午後や夕方でないと最寄り局に着かなかった荷物が、早朝に入るようになりました。
180223_1.jpg

こちらは、その2日後の仕入れ分です。この時は本数が多く、翌日着のゆうパックで送られて来ました。以前は先方の拠点、福岡県南部をとりまとめている東久留米局から大阪の新大阪局、京都中央郵便局を経由し、城陽局へ来ていたのが、ショートカットされるように。この様子だと当社からユーザー様へ発送分も、開局による恩恵を受けていそうですね。

180223_2.jpg
でも、実際、他の地域で例があるんですが、今は歩いて行けない距離ではない最寄り局が、将来は金融・貯金窓口を残して、あちらに統合される可能性も。そうなると、本局でないと出来ない申請手続きや局留荷物の受け取りに、街外れまで車で出向かねばならず面倒になります。
posted by tera-pro管理人 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182492641

この記事へのトラックバック