2017年09月18日

LTOテープドライブの使い方6

6、LTO機材を安く揃えるには

B&H、Amazon.comほか海外から購入

全ての方にお勧めしませんが、何と言っても多くの関連メーカー本拠地であり、豊富に製品を揃えている米国本土からの輸入購入が格段に安いです。マージンの違いもあって、同じドライブ製品でも国内価格(1ドル=110円換算)の半額から2/3位です。

当方は2013年当時、国内であれば30万円代が相場のLTOドライブをAmazom.comセーラーから総額18万円足らずで購入出来ました。クレジットカードで決済さえ出来れば、Fedexや国際郵便で発送してくれます。(画像は購入した時のPC画面スクリーンショット)

amazon_com.jpg

常時在庫を持っているショップも多く、大抵の場合、注文後に取り寄せになる国内よりも納品到着が早いです。問題は米国Amazonのセーラーでは日本に送ってくれない所があるのと故障時の対応でしょうか。もっとも故障リスクについては、ドライブ自体、24時間稼働のサーバー用バックアップ装置に組み込まれての使用を前提にした機器ですので、滅多なことはないと私は考えています。最近、国内でも海外から直接、LTO用品を販売しているAmazon japanのセーラーを見かけますが、中にはアレな業者あるので評価等を見極めた上で利用されることをお勧めします。

また消耗品となるLTOカートリッジテープの場合はアフターメンテを考えるまでもなく、ドライブ以上に価格差が大きいので、まとめて買うなら送料やカードの決済手数料を勘案してもお得です。実践ではカメラ用品やブランド物を個人輸入された方の体験記も多く出回っていますので、これらも参考になります。

2016年末にはニューヨークのB&H Photo Videoから30巻をまとめ買いしました。
IMG_2195.JPG

発注から3日ほどでFedex便で到着。送料、通関手数料、国内消費税込みで@2,900円でした。

B&H.jpg

生産終了の下位規格ドライブ製品を狙う

数年ごとに規格を拡張した製品が出るのと、古いLTO規格のドライブが生産されなくなることがあります。同時に交換保証も対象外となります。しかし、市場流通品は存在しますので、これが安く出回ることがあります。米国本土では保証がつかない代わりに数万円相当で新品が買えたりもします。近いうちにLTO5規格が、この範疇に入ってくると思われるので狙い目です。もし、安ければ個人輸入で予備機を1台揃えておくのも、いいかも知れませんね。

以上、当方のこれまでの経験を元にLTOテープ装置の要点をまとめました。テープ装置はドライブがやや高価ながら、メディアも安く、HDDを沢山必要な向の方では、すぐ元が取れると思います。
また、例えば故障したHDDからデーターを復元するサービスがありますが、必ずしも完全なデータの救出は約束されませんし費用も大変高額です。その費用やリスクを将来回避できるとすれば、安い買い物と捉えること出来るのではないでしょうか。この記事が、テープ装置導入の検討されている方や、導入の手助けになれば幸いです。



参考サイト

Lespace Vision 「Rapid Copy」詳細な使い方についてはこちらを。
http://www.lespace.co.jp/file_bl/rapidcopy/rapidcopy.html

LTFS.jp「LTOの接続設定」国内の関連機器の販社サイトですが、テープ装置全般の参考記述が多くあります。
http://ltfs.jp/use/connection.html

Tandberg Data 「Mac mini+Rapid Copy Pro Suiteを使用したLTFSテープアーカイブ についての動作、構成方法」ドキュメントがダウンロード出来ます。
http://www.tandbergdata.com/jp/index.cfm/solutions/usefuldoc/

HP「HP StoreOpen (LTFS) かんたん設定、使い方ガイド」
http://h50146.www5.hpe.com/products/storage/solution/ltfs/sos/
(完)
posted by tera-pro管理人 at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | LTOテープドライブの 使い方
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181029912

この記事へのトラックバック