2017年09月17日

LTOテープドライブの使い方4

4、基本操作


☆カートリッジのフォーマット
新品のカートリッジを最初に使用する場合、フォーマットを行いLTFSボリュームを作成する必要があります。
※ドライブメーカー提供のドライバ自身でも、一連の操作は可能ですが、ここではRapid CopyとLTFS Quick Toolsでの使用方法に限って記しています。

LTFS Quick Tools(以下Quick Tools)を起動させて、ドライブにカートリッジを挿入します。
カートリッジの装填が終わったら、Quick Toolsのフォーマットタブからカートッジ名をつけて、フォーマット実行ボタンを押します。確認のメッーセジが現れて、OKを押せばドライブが動き出してカートリッジのフォーマットを始めます。
フォーマット.jpg

フォーマットが完了しました。
フォーマット完了.jpg

Quick Toolsのマウントタブからカートリッジのマウントを実行すると、デスクトップにカートリッジ名のアイコンが現れます。
マウント.jpg

ltfsボリューム.jpg


☆ファイル、フォルダをカートリッジに記録する。
Quick Toolsを立ち上げたまま、Rapid Copyを起動させます。

コピー元:カートリッジにバックアップしたいファイル、フォルダを指定します。また、ドラッグ&ドロップ操作で複数のファイル、フォルダをコビー元ウィンドウに指定することも可能です。

コピー先:にはデフォルトでドライブにマウントされたカートリッジが指定されます。
コピー開始.jpg

実行ボタンを押すと、ドライブが記録を始めます。環境を満たしていれば、ほぼスペック通りの転送速度で記録されます。LTO5カートリッジの場合、最大容量を記録するには約3時間かかります。
コピー中.jpg

正常に記録が終わると、Rapid Copyのステイタス項目が緑に変わり、Finishedと表示されます。
コピー完了.jpg

カートリッジ名のアイコンをクリックすると、通常のHDDボリュームと同様に記録されたファイル、フォルダを確認出来ます。(不用意にファイルをクリックすると、都度、記録領域へテープが走り出すので、必要ない場合はしないように!!。 )
書き込み完了.jpg

記録後にカートリッジを取り出す場合は、Quick Toolsのアンマウントボタンを押します。
アンマウント.jpg

中のテープが巻き取られてドライブからカートリッジが排出されます。
eject.jpg


☆カートリッジから記録内容を読み出す場合は?
カートリッジから保存ファィルやフォルダを読み出す(復元)際は、Rapid Copyコピー元とコピー先を逆に指定します。マウント直後にドライブがテープ上のINDEX情報を読み込むので、ファインダーから記録内容を閲覧できるまで多少時間を要します。


☆その他
空のカートリッジの場合は、記録条件設定(差分・上書き・・・)に関わらず、コピー元のファイル、フォルダすべてが記録されます。

ベリファイ項目にチェックを入れて書き込みを行うと、ドライブが記録終了後、続けて元データとテープ上に記録されたデータの照合を行います。(環境設定のMD5モードで所要は2倍になります。)
ベリファイ時.jpg

                                            
posted by tera-pro管理人 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | LTOテープドライブの 使い方
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181025143

この記事へのトラックバック