2022年01月16日

トンガの海底火山噴火

昨日の時点で日本には津波による影響はないという事でしたが、今朝、起きて見てビックリ。
最初は違う地震によるものと思ったら、昨日の噴火による津波だったんですね。衛生ひまわりの映像にも、津波を引き起こした噴火により、広がる衝撃波の輪が捉えており恐ろしいもんです。前に大噴火したフィリピンのピナツボ火山の際には、冷夏をもたらしたこともあり、後々天候への影響も心配です。

津波といえば、何れ来ると言われている南海トラフ地震が恐れられていますが、紀伊半島沿岸では早いところで2分で大津波が達するとか。写真は年末にWEST銀河を撮りに行った朝の串本、橋杭岩です。浅瀬にゴロゴロしている岩は過去の津波で砕けた物らしいですね。ここだけでなく周参見や見老津など、紀勢本線が走る沿岸の砂浜にも、方々でそれらしき岩が埋もれているのが確認出来ます。
此の方、地震発生の確率が40年以内90%に引き上げられたばかり。太平洋沿岸に遠出の時は逃げられる高台、経路を先に確認して撮影に挑んだ方が良いですね。
220116.jpg
posted by tera-pro管理人 at 18:33 | TrackBack(0) | 日記
MAILiconDownload.cgi.jpeg
Powered by さくらのブログ
スポンサーリンク