2021年03月12日

185系新車時代の思い出

今日が最後の活躍だった列車、車輛も多かったダイヤ改正前の本日、中でも特急「踊り子」から185系電車の引退はもっとも注目された一つでした。京阪神住まいの自分としては、あまり馴染みのある車両ではありませんが、それでも何度かは乗ったことはあります。まずは登場まもない頃の1コマを。(他にも全形式撮ってるんですが、ネガ起こしが、まだなんで、プリントしてあった中間車ですみません。)

撮影は沼津。これも発売間もない青春18きっぷで乗車した、大垣夜行で首都圏へ行きがてら品川で下車。朝が早すぎるんで、時間潰しに同駅始発の普通列車で初めて乗った時の物です。185系が走り始めた、この当時は基本10両+付属5両のまま15両で沼津まで入る普通列車が朝に設定されていました。この後も伊東線へ寄るのに、そのまま折り返しの東京行きに。
列車自体は東京へ到着後、今度は特急「踊り子」に化けるという運用だったと思います。他にも湘南ライナーが登場する頃までは、多数の平塚、小田原までの区間列車や、一部は遠路、伊豆急下田行(伊豆急線内下り終電)にも通しの普通運用があって、特急普通兼用のコンセプトどおり、185系はオールマイティな使われ方をされていました。
一部訂正しました。この品川始発の721M普通ですが、輸送力過剰だったのか、後年に基本10両のみに短くなったと記憶しています。
210312_1.jpg

117系類似の転換クロスシートが並ぶ当時の普通車車内。まだ新車特有の匂いが。撮影は外が暗いんで多分、丹那トンネル通過中かと。座席には、ちゃんと白い枕カバーも装着されて何とも贅沢な普通列車です。座席は構造上、背面テーブルこそないものの、簡リクと呼ばれたあの悪評高き中途半端な183系・485系電車の後期タイプや14系客車のシートよりも、個人的には、ゆったりして良かったと思いますけどね。
しかし、記録するなら向い合せの座席は元に戻すべきですな(降りる時も)。荷物も通路にはみ出して恥ずかしや。

今見たく乗り徳列車お目当てで集中する18キッパーなる人達も存在せず、乗車当日は休日だったこともあり、品川ー沼津ー熱海と終始ガラ空き。混雑で良く眠れなかった大垣夜行から仮眠の続きを取るには天国な185系でした。あれから40年近くが経過、時が進むのは早いものです。
210312_2.jpg
posted by tera-pro管理人 at 21:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
MAILiconDownload.cgi.jpeg
Powered by さくらのブログ
スポンサーリンク