2020年10月31日

過去作のファイル化

古い作品のマスターテープが少々残っており、機材の排熱がこもる季節でなくなるのを待ってデジタイズすることにしました。9月に仕入れて来た6,000円VTRの実動テストも兼ねて。
この時代、ファイル同士でトランスコードしたり、編集済みのファイルを保管できるような大容量の記録手段も、まだ、なかったので、DVDにするにもビデオテープに一旦出力していました。DD51も原色が当たり前の頃で隔世の感があります。

再生はSDフォーマットでは最良の記録方法だったSONYのデジタルベータカム。βが発展してデジタル記録(非可逆圧縮)になったような規格で、業界ではSD放送時代のテレビ番組、DVD等の納品で標準的存在でした。今度のデッキは6種類のフォーマット再生が、1台で対応できるので便利です。
201031_1.jpg
201031_2.jpg






posted by tera-pro管理人 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年10月29日

gotoクーポンは利用先の下調べを

先日、遠出した際の宿泊ではgotoトラベルキャンペーンを利用しました。キャンペーンでは宿泊代を基準に35%の還元の他、15%を四捨五入した額相当の地域クーポン券が発行されます。

要点は下記の通りなんですが...(概要は詳しく記載してる他サイトが沢山ありますので、そちらをご覧ください)

・同じ宿でも予約方法(旅行サイト)や手段で、紙クーポンと電子クーポンのどちらかが発行される。紙クーポンはチェックイン時、宿のフロントで交付
・宿泊先の対象地域(およそ隣接都道府県)の対象店舗で使える。
・宿泊クーポンの有効期限はチェックアウト当日の23:59分まで
・おつりは貰えないので、クーポン額+@の買い物に使う。差額は現金他で支払う

そして、問題なのが...
・電子クーポンは対象店舗が、かなり少ない。買い物清算にはQRコードを示す必要があり、スマホ等のモバイル端末必須
・対象店舗は事実上、gotoサイトの↓専用マップから調べるしかない。店舗アイコンを一つづつ開いてみないと紙・電子どちらの対応の店かわからない。使い勝手最悪。
https://map.goto.jata-net.or.jp

今回は2泊目に貰ったのが電子クーポンで、限られた行動時間の中で消化先を探すのに難渋しました。紙の方だと比較的、対象店舗は沢山あるんですが、電子の方はコンビニですら未対応です。
結果的には東北でチェーン店を展開するドラッグストアが対象なのを発見。撮影行では車だったんで嵩張る物、重い物も積んで帰れましたが、公共交通機関利用の出張、旅行だとこれもダメですよね。
201029_1.jpg

帰って来てから知ったんですが、↓gotoの事業者申請サイトから対象店舗リストが落とせるので、これを元に行く先で利用候補を決めておくのがベストなようです。ヤマダ電気、オートバックス、イエローハットが電子クーポンも使えるのは盲点だったなぁ。
体験談も簡単に交えて書きましたが、これから利用される方の参考になれば幸いです。
https://biz.goto.jata-net.or.jp/couponlist.html#coupon
201029_2.png
posted by tera-pro管理人 at 11:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2020年10月27日

五能線からやって来たキハ10型

今、JR東管内で最後の国鉄気動車の活躍路線である五能線。古い話になりますが、現地から奈良線にやって来た気動車のことを思い出しましたので記しておきます。電化前の70年後半当時、奈良線ではキハ35が主体ながらも奇数両数で編成された列車については、増結でキハ17系・20系の両運転台車(キハ10、11、20)が充てがわれていました。
そんな頃の1978年、検査期限のやりくり都合でしょう。それまでの生え抜きだったキハ10 2両(→水島臨海へ譲渡)を置き換える形で、弘前区から別のキハ10 2両が転属入線して来たことがあります。
現車の写真が、こちらのjs3vxw様のサイトにあったので、ご紹介しておきます。まだ未電化だった桜井線運用時の姿ですね。前面には標準車にないタイフォンカバー跡がありますが、これは奈良区へ来てから後、塞がれたと思います。
http://js3vxw.cocolog-nifty.com/photos/jnr_dc10/jnr_dc10_52.html

車番はキハ10 51と52号。五能線では新型キハ40が投入され始めた頃で、玉突きにより奈良線に来た格好ですが、冬厳しい環境で使われていた車だけに外板は所々錆びが浮いていて、状態は素人からみても酷い有様の車両でした。中でも52号については荷物車代用も兼ねていたのか、本来、戸袋窓の部分のみのロングシート部分がボックス席をつぶして延長されており、窓には鉄格子(のちに撤去)が嵌っていたことを記憶しています。
全国規模の転配があたり前だった国鉄時代では、このような車両の広域移動は珍しい事ではありませんでした。なお、この五能線のキハ10については2年後の1980年、関西本線で亀山区に残存していたキハ16、17と4連を組んで、天王寺局最後のキハ17系さよなら列車として運転され、有終の美を飾っています。

↓中間運転台時の同車助手席の隙間に落ちていて、奈良線で拾った切符です(笑)。
201027.jpg
posted by tera-pro管理人 at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
MAILiconDownload.cgi.jpeg
Powered by さくらのブログ
スポンサーリンク