2020年07月31日

福島のガス爆発事故

昨日、福島郡山で起きた改装中飲食店でのガス爆発事故。こっぱ微塵になった現場の映像や写真は、その凄まじい破壊力をまざまざと見せつけてくれました。怖いですねぇ。
毎度の過去話で恐縮ですが、自分が中学生時代、数百m離れた場所に以前建っていた団地マンションで、やはりガス爆発がありました。夜中の深夜、突然ドォ〜ンという音と共に、まるで寝ていた布団から体が10cm?ほど浮き上がったかのような衝撃。その時はベランダへ出て外を見渡したものの暗闇の中で何が起きたのか、あるいは隕石でも落ちてきたのか分からない状況でしたが、しばらくして消防や救急車がけたたましいサイレンを鳴らしながら集まってきて、どうも爆発火災らしいと気づきました。
昼間を迎えて学校の帰宅途中、寄り道をして当該マンションの前を通ったところ、火元と見られる部屋は真っ黒焦げ。隣部屋よりも上階部屋の損傷がひどく、当時の自分でも爆風が吹き抜けた様子が、みてとれたことを記憶しています(当日の新聞夕刊によると上階の人が何と消防の方で、当直勤務の留守中だったんで巻き込まれずに済んだらしい)。被害は隣接、道路向かい一戸建て民家にも及んで、窓ガラスは割れているわ、木製雨戸や壁に破片が突き刺さっているわで、マンション1室の爆発でさえ相当なものでした。
一昨年末の札幌であった不動産店といい、ちょっとした油断が他人を巻き込んで大きな被害となるガス爆発事故。今回も杜撰な管理から事故を招いた可能性が濃厚です。原因が早く解明されると共に、お亡くなりなった方のご冥福をお祈り申し上げます。
posted by tera-pro管理人 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
MAILiconDownload.cgi.jpeg
Powered by さくらのブログ
スポンサーリンク