2019年07月31日

5年間の撮影を振り返って「外海への旅立ち3」

A45=205-3?、A50=103-215or225?。

(続き)
翌日も同じ時間に再び現地へ。作業が始まったところで、残りが7、8両ほどになっていました。この分で行くと昼ぐらいには終わりそうです。天気は前日と打って変わって青空の晴天。半逆光にはなりますが、やはり映像も写真も、お日様の光線が当たってなんぼのものです。同じシーンの繰り返しですが、一連シーンをもう一度取り直しました。

それにしても、40t近くの重量はあろうかという国鉄気動車ですが、巨大な船のクレーンの前では軽々と釣られて宙に浮きます。軽くふわっと浮く様子は圧巻。
少し前、伊勢区の撮影でお世話になったキハ40 3010も積み込まれて。編集を始めてから知ったのですが、本作の国鉄時代の越美南線シーンでも登場、撮っていた車両でした。
190731_1.jpg

そして、今回のメインイベント。いよいよ国鉄ツートンのキハ48登場です。車両を載せたトレーラーは途中からバックで
貨物船の元へ。この前後に積まれた車両は、すでに船倉がお腹一杯になったらしく、蓋をされた甲板上に据えつけられました。そして、ここでの撮影もそこそこに切り上げます。
190731_2.jpg

昨日、日が暮れる前に、下見をしていた対岸の場所へ。予定では18時の出航でしたが、例のブログでは、船が早めに出ていったとのこと。作業も終わったようで、しばらく、遠目から船の様子を見ていましたが、動き出す気配がありません。出航は晩になってからか?。一旦、遠くに停めてあった車へと戻り、休憩して小一時間ほど経った頃でしょうか。小型船らしき汽笛が聞こえて来て、ドッドッド・・のような低音も混じっています。まさか。

慌てて機材を持ってダッシュすると、岸壁を離れた貨物船が進路方向への回頭を終えてタグボートが切り離されたところでした。(油断して昼飯でも食べに行っていたら、また、撮りこぼしていたところでした。)
左方から迫ってくる貨物船を見ながら、カメラを急いでセット。シネマカメラなんで途中、一眼レフカメラよろしく交換レンズを数秒で取り替えながら、その姿を追ったのがエンディングでも出てくるシーンです。空もいつの間にか雲に覆われていましたが、湾岸道をくぐって伊勢湾を出て行く様子は、締めくくりで用いるカットにイメージぴったりでした。
190731_3.jpg

この日、ミャンマーへ渡った気動車は元キハ48トップナンバー、5001を始めとする17両。数年間に渡って記録をしてきた車両たちだけに万感胸に迫る思いで、船影が消えるまで見送り、帰路に着いたのでした。
posted by tera-pro管理人 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月30日

5年間の撮影を振り返って「外海への旅立ち2」

47A=205-?。猛暑続きで、しばらく車から見たままになります。

(17日分より続き)
世間も年末で忙しい最中の12月のある日。とりあえず、当てずっぽうで、早朝に家を出て、車両の置かれている名古屋港へ赴いたのでした。伊勢湾岸道の名港潮見ICを降りて、早くから開いていた喫茶店で朝食を摂り、東名古屋港に着いたのは朝8時すぎ。フェンス越しに岸壁を覗くと、ズラっと地べたに並べられているキハ達の列の後ろでは、大型クレーン車2台がウォーミングアップをしながらスタンバイ。左手には、予定表でみた貨物船も、既に錨を降ろして停泊しており、どうやら、この日でビンゴのようです。
ちなみに、ここの岸壁には名鉄、築港線から伸びる引込み線が設けられていて、東海道線の笠寺から名古屋臨海鉄道を経て、車両の輸出入に使われている事は、ファンに良く知られるところです。

岸壁は保税地域で、関係者以外は入れないので、外からの撮影になりますが、脚立と特殊アダプタ付き三脚(○秘)を用意してきたことは言うまでもありません(爆)。カメラの用意をしているうち、どこからともなく現れ、釣り装置と思われる金具を積んだ大型トレーラーがガタガタと音を立てながら、門から中の岸壁へ入って行きました。これから、船積み作業のようです。
190730_1.jpg

トレーラーがキハに横付けされて、クレーン車によって載せられます。2台で息が合わないと、車両が平行に持ち上がらないので、熟練したオペーレーターが操縦しているんでしょうね。
載せられた車両は、船の傍まで、ゆっくり移動。ここで、貨物船の巨大なクレーンに釣り上げられて船倉に積み込まれます。この間にトレーラーは元の場所へと戻り、1両づつ、同じ作業が繰り返されます。
190730_2.jpg

お昼もだいぶ過ぎた頃、まだ残っている車両は半分近くあり、どうやら、日中には終わりそうにありません。出来れば、奥の国鉄色ツートンのキハ48 6502を抑えたいところです。ちょうど、急ぐ様子もなく、歩いていたヘルメットの作業員の方に、外から声をかけてみました。

私「すいやせ〜ん。」「これ全部、今日中に積んじゃうんですか?」
作業員のおじさん「アァ、これかい?、今日は、日も暮れるんで後3両で終わりだね。」
私「ありがとう〜!」今晩は、お泊まり決定。

ホント、会社員時代までは内気な性格だった自分ですが、我ながら、恥ずかしいくらいに図々しくなったものです。今は初対面の人とも打ち合わせや交渉ごとも多々。まあ人とコミュニケーションも取れないようでは、勤まりませんからね。もちろん、その場の空気も読んでのことですが...顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)


初めて見たダイナミックな光景に、やや興奮と感動が冷めない中、この日は一旦、撤収となったのでした。
後で知った事ですが、港湾の荷役業者さんでは、作業が悪天候や夜間に及ぶと手間賃が、かなり割り増しになるのだそうです。危険手当的な意味合いなのでしょうね。(続く)
posted by tera-pro管理人 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月29日

7/29 本日の奈良線103系・205系運用

画像なしですみません。期末の会計他で追われています。A42=205-37、A44=205-1003、A50=205-100?。
posted by tera-pro管理人 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
MAILiconDownload.cgi.jpeg
Powered by さくらのブログ
スポンサーリンク