2019年04月27日

4/27 本日の奈良線103系・205系運用 FCP Xのノイズリダクション機能を試す。

A42=205-1004、A44=205-???、A45(665M 約10分遅)=103-226(NS409)。
昨日の題名日付、1日間違ってました。毎日、惰性になるとあきません。

今日は、昨年後半にAppleの編集アプリケーション、FCP Xで実装されたノイズリダクション機能を、仕上げ作業の進行ついでに試しました。ネットの評判も良い評価ですが、感度アップした夜景では確かにノイズが減ります。
190427_1.jpg

左が元絵、右が処理後(明るさを上げています。)。おぉ!、中々いけるぞと喜びましたが、再生映像が何か不自然。条件を変えた複数の変換を試しましたが、何れも列車のように動く物体があると、輪郭が波打ってしまいます。色も昔の民生機カメラのように白く飛ぶし。前に試したプラグインNeat Videoでは、こんな副作用は生じませんでした。商品は、やっぱり自分の目で確かめて判断しないとダメです。
190427_2.jpg
posted by tera-pro管理人 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
MAILiconDownload.cgi.jpeg
Powered by さくらのブログ
スポンサーリンク