2019年01月14日

作るのが面倒モノは流行らない(本音)8K

今日は編集に1日ほぼ集中していたので出る暇もなし。103系も居なかったようで奈良線見たままお休みです。

ところで、少し日が経ちますが、「8Kはニッチ」という参入には消極的な、Panasonicの社長さんインタビューが出ておりました。英断を送りたいと思います。
http://news.livedoor.com/article/detail/15848873/

何年か前にも3Dの普及を見ようとメーカー各社が、鳴り入りもので新製品を展開しましたが、アピールするも、結局は廃れてしまいました。実際問題、作り手側の立場として、こんな双眼鏡カメラを用意してまで(開発に携わった方ごめんなさい)、真面目にコンテンツを作ってられませんです。後の手間暇も相応かかるし。他のメーカーなぞは、同一機種のカメラを左右に並べて、各々のレンズ動作を同期させる装置まで発表していました。

8Kは撮影機が業務機でも、まだ試作レベルですが、ディスプレイだけ作って、誰に、どこに売り込もうというのかな。将来、医療関係で名医による手術や、研究機関の被実験物の記録に応用を考えられるくらいですかね。
posted by tera-pro管理人 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
MAILiconDownload.cgi.jpeg
Powered by さくらのブログ
スポンサーリンク