2018年10月25日

10/25 本日の奈良線103系・205系運用 4年目のクーラント交換

1本だけですがA42=103-216(NS407)でした。

午後から予定通りに冷却水クーラントを交換しました。前回は寒い4年前の12月の作業だったんですが、エンジンは温まるのに時間かかるし、水は冷たいし、DIYなら今のうちがベターと早めに交換しました。以前は2年、あるいは3年毎の交換でしたが、前回からスーパーLLC(ロングライフクーラント)を使っていまして、今は4年毎で済みます。
従来品より5割ほど値が高いですが、消費回数が少ない方が環境にもいいですしね。
https://toyota.jp/after_service/tenken/about/maintenance/engine/
181025_1.jpg

ところで本当に4年も無交換で大丈夫なのか?。写真は一旦、水道水に入れ替えて洗浄中のラジエタ注水口です。ゴミが少々浮いていますが、奥に見えるラジエタ内のコアも銀色のままでした。抜いた古いクーラントもピンク色で、自分には劣化の具合は判りませんでした。ちなみに現在販売されているトヨタの新車では初回のみ7年間、無交換指定になっています。
181025_2.jpg
posted by tera-pro管理人 at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
MAILiconDownload.cgi.jpeg
Powered by さくらのブログ
スポンサーリンク