2017年11月17日

11/7の只見線

先週、紅葉で行ってきたばかりですが、今年は早くも、只見線と平行する国道252号線の福島・新潟県境区間が、昨日16日の夕方より雪で通行止めになったそうで。このまま冬眠ということになるようですね。

さて、只見線の福島県内を訪れたのは、災害前の前年に撮影した展望作の時以来になります。現地は、ややピークを過ぎてしまったように思えましたが、聞けば、先月末の台風で色づく前に木々の落葉が進んでしまったそうです。
画像は花谷さんとお会いした只見川第一橋梁。ここには何度も来ていますが、天気に恵まれても、今回のように湖面が風に吹かれず、綺麗な鏡写しになるような条件は中々揃いません。
005.jpg

現在、若松方からの終点となっている会津川口駅に立ち寄ったところ、折返し待ちのキハ40の中に何やら懐かしいアイドリング音の車両が。まだ、只見線にも原型エンジン車が健在なんですね。しかも、全般検査上がり。どうも3両だけ在籍するようで、来春、八戸線より40系引退後は、四国車と合わせて貴重な存在になりそうです。できれば、ぜひ、ポストツートン塗装に。
002.jpg

一方、この駅から休止区間となる小出方の様子。ここでも、前回、二手に分かれて出発シーンを撮りましたっけ。枯れたススキが一層わびしい風景に感じさせますが、画面のすぐ左にあった場内信号機は赤に点灯していて、線路が生きていることを示していました。
006.jpg

同じ立ち位置の場所を「前方展望シリーズ 只見線」エンディングカットより。
会津川口.jpg

会津横田駅は待合室が板で打ち付けられていました。この付近は、やや荒れていて、奥の線路は廃線のように自然に帰っていました。数年後、本当に再び列車がやってくるのでしょうか。
001.jpg

最後は旧田子倉駅付近の様子です。只見線では最も標高が高い場所だけに、旬は過ぎていましたが、静かな湖面に浮かぶ紅葉は幻想的でした。
この撮影の後、県境の六十里越えを通り、関越・北陸道経由で帰りましたが、もう誰もいない雪景色の世界に変わっていることでしょうね。次は早くても訪れることが出来るのは雪解けの5月です。
004.jpg
posted by tera-pro管理人 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフワーク
MAILiconDownload.cgi.jpeg
Powered by さくらのブログ