2017年11月23日

DAVINCI RESOLVEとMedia Composer

今、取り掛かっている編集でDAVINCIとMCの連携動作を確認してみました。
AAFファイルという、言って見れば共通互換的なプロジェクトファイルを書き出して、相手のタイムラインにそのまま編集済みシーケンスを読み込んで仕上げるというものです。終わればタイムラインをレンダーで書き出して元のところへ。

スクリーンショット 2017-11-22 20.25.11のコピー.jpg
グレーディングを行うDAVINCIにテストで用意したAAFファイルを読ませると、1フレの狂いもなく各クリップの配置が再現されました。画像は先日撮ってきたLog素材にLUTを当ててみた段階。今後は保有素材を活かした素晴らしい色の描写が期待できそうです。
posted by tera-pro管理人 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 試用いろいろ

2017年11月22日

新潟観光ドライブパス

先日の撮影では、またドライブパスを利用して長野・新潟・福島各県の高速道路を3日間乗り倒しました。期間中はエリア内定額なので、短い区間の利用や、途中のICを一旦降りて食事・安いスタンドでの給油も躊躇なく出来るのがええですね。
http://www.driveplaza.com/trip/drawari/2017_niigata/niigata_shinano_aizu.html
スクリーンショット 2017-11-22 11.26.25のコピー.jpg

ところで、今回のオンライン利用明細を出してみたのですが、往時は中央・長野道経由で更埴ICから入ったのに北陸道の親不知ICを走ったことに?。調べてみると周遊エリア西端となる親不知までの方が200円安く、後日の確定で安い方のルート料金を自動適用してくれるようです。帰路分についてはまだ未確定でした。
スクリーンショット 2017-11-22 11.06.48.png
posted by tera-pro管理人 at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月21日

全撮影テープ素材のファイル化が完了

本日をもって撮影テープのファイル化が終わりました〜♪。
今回、最後に残っていたベータカムSX、約100本分のファイルを2本のカートリッジ書き込みました。収録時間比ではアナログ式ベータカム200本分相当になります。写真にはアナログのSPテープも混ざっていますが、これは、そのままSX用テープとしても記録出来たので流用して撮影に使ったものです。
IMG_3467.jpg

これらの、後ろのテープ群が下の10cm角のカートリッジ2本に収まりました。LTOの収納効率は抜群ですね。
AVCコーデック等なら1本でも十分入るはずですが、ここは元の画質は確保しておきたいのでキャプチャはProRes422HQ形式にしておきました。
黒いのは同じ内容を記録した3TBのHDDで、こちらは普段、編集時の映像取り出し用に使います。寿命がきたらカートリッジよりリカバリの上、新しい物に交換します。
さらに予備用にもう1組のLTOカートリッジを調達する予定ですが、それが終わればテープは順次、廃棄の方向です。
posted by tera-pro管理人 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記