2017年10月30日

南近畿ワイド周遊券

先日、周遊券の話が出ましたが、発売が終了してから既に久しく、どんな切符か知らない方もおられると思います。保管ファイルを当たったところ、幾つか出てきたので、そのうちの南近畿ワイド周遊券の現物をご覧に入れましょう。
IMG_3331.jpg
IMG_3334.jpg

券面のとおり、関西本線を含む以南の国鉄(〜JR)線が、7日間、10,300円ですべて乗り放題。
切符が発行された時は往路用のA券、周遊エリア・復路用のB券が綴りになっており、A券は最初のエリア下車駅の改札で回収されます。
しかし、当時、全国各地向け周遊券の中でも、この名古屋発の南近畿ワイドは、例外的に発駅が即、周遊エリアとなる唯一の存在でして、関西線経由ならば名古屋から特急「南紀」で連日の出張にも使えたりもしました。(この名古屋発は後に発売中止)
また、裏面のとおり東海道本線(新幹線・名神の国鉄ハイウェイバス含む)で京都から奈良線、草津から草津線ほかも経路に指定されていますので、往復の際、1回づつは、こちら経由での利用も可能でした。

当時、これを買うのに一旦、名古屋駅へ出向いてから期間中の7日間、奈良線の最寄り駅からは木津までの乗り越し運賃で出入りできたので、帰っては次の日に、また出かけたりしました。ワイド周遊券については、この前年から急行列車だけだったのが、特急の自由席も特急券なしで利用可能に改められて、乗り得感も満点な切符でした。

引退間近な10系寝台客車に乗りたくて、夜行鈍行「はやたま」にも亀山ー天王寺を通しで乗車。紀伊勝浦ー東京を結んでいた寝台特急「紀伊」をはじめ、この少し前までは、名古屋からは夜行急行「紀州」、天王寺からも同「きのくに」も走ってました。高速道路が整備された現在では、考えらないほど南紀は不便な地域でしたね。
IMG_3332.jpg
posted by tera-pro管理人 at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月29日

吹田総合車両所まつり

当日まで全然ノーマークでしたが、ネットで103系3並びが展示されていることを知り、28日の昼から急遽、駆け足で行ってきました。環状線のオレンジ、阪和線のスカイブルー、大和路・奈良線用のウグイス、以上の103系の顔ぶれが一同に会するシーンは、今回が最初で最後の機会だったのではないでしょうか。現地では、あいにくの天候にも関わらず、この様子を一目見ようと多くの方が訪れていました。
IMG_3326.jpg

他にも、京都の鉄道博物館以外で現車が保管されていたことに驚きでしたが、トワイライトEXPと207系(今は普段見られなくなった中間運転台側の露出が珍しい。)、フレームから外れていますが、さらに右にはサンダーバードも居ました。
スクリーンショット 2017-10-28 19.28.56のコピー.jpg

最新鋭の323系(追加新製車の模様。)と201系。
スクリーンショット 2017-10-28 19.30.14のコピー.jpg

ここに来たのは以前に485系「雷鳥」の全検シーン取材で通って以来9年ぶり。今日は短い時間ながら色々と楽ませて貰えました。

最寄り駅に帰り着いたのは、この天候ですっかり暗くなった17時前。今日も103系が日常で活躍しています。
IMG_3328.jpg
posted by tera-pro管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフワーク

2017年10月28日

今こそ周遊券の復活を

連休の山口方面行きで利用した高速道路の周遊プランがETCの利用明細で確定しました。
スクリーンショット 2017-10-28 9.59.42.png


その名も「中国ドライブパス」ワイド周遊編というNEXCO西日本の企画商品で、ネットから申し込んで利用条件を満たせば適用になるプランです。
http://www.michitabi.com/roundtour/chugoku2017/
スクリーンショット 2017-10-28 11.20.20のコピー.jpg


出発地からの往復通行とセット料金で、およそ岡山・鳥取以西〜下関までのエリアが有効期間中、定額で乗り放題。かつて国鉄〜JRで売っていたワイド周遊券のNEXCO版ともいえます。ワイド(ミニ)周遊券は長距離を利用する場合、通常の乗車券にくらべて割安差もさることながら、駅窓口でも、すぐ発行して貰えましたし、途中経路・現地での使い勝手が良かっただけに、こういった企画乗車券の類をJRが殆どやめてしまったのが残念です。

自分は家族での遠出はもちろん、車がなくとも周遊券で鉄道旅行を存分に楽しめた世代ですが、今の若い方たちは、そういった機会も殆どないのが現状です。幼少期から列車の旅行に慣れ親しんでいないヤング世代の方たちが、近い将来、家族旅行に鉄道を選択してくれるでしょうか。未確定ながら、先日の報道では来春、南紀方面の特急「くろしお」削減が報じられたり、高速道路会社各社の積極的な姿勢と比べると、いつかは在来線の特急列車も全廃とまではいかなくも、内房線特急の「さざなみ」号のようになってしまうのじゃないかと危惧します。

さて、この周遊プランあたっては実は、行きの道中、SA休憩所の販促ポスターを見て知りました。スマホで調べてみると、最初の周遊エリアIC流出までにネット申し込みさえすれば、出発後の高速道上でもOKなことがわかって、その恩恵に。(NEXCO中・東の同様プランは、事前に高速流入前までに申し込んでおく必要があります。) 
休日割引後の通行料金と比較してもトータルで約2千円安かったのですが、今回の場合、もっと安い2日有効の休日プランも適用出来たことに気がつかなかったことが、悔やまれます。
posted by tera-pro管理人 at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記