2017年08月04日

再びLTFSを検証予定

今度、外からの案件でLTOテープを活用することになりそうです。将来、リカバリの互換性からLTFS方式で記録したいところです。LTFS方式はOSや専用ユーティリティに捉われない、テープ用ファイルシステムで、ドライブメーカー各社からツールソフトが提供されています。この方式で記録しておけば、PC上の外付けHDDやメモリのように外部ドライブとして簡単にアクセス出来るものです。LTOテープは容量単位の価格も安く、カートリッジの記録禁止ツメを入れておけば、HDDのような突然の故障や、 うっかり消去で不意にデータを失う心配がありません。  
参考=https://ja.wikipedia.org/wiki/LTFS
写真は当方で使用中のTANDBERG社LTO 5 SAS用単体ドライブ(HP社OEM)
LTO-5_HH_SAS_external_hi-res.jpg
VTRが消滅となりそうな現在、時にはTB単位の大容量ファイルとなることもある、映像の保存に最適なアイテムなのですが、↓当方で導入時は、その不安定な動作からLTFSでの利用を断念、現状、サードパーティ製の専用ユーティリティによる記録保存を続けているところです。
http://tera-pro.blog.so-net.ne.jp/2014-01-04
専用ユーティリティは元々がサーバーのバックアップ用のため、信頼性は申し分ないものですが、同一の環境を構築しないと、他所とでカートリッジ内容の受け渡しが出来ません。操作手順もある程度の慣れと知識が必要で、使用先が不特定となる保存には向かないといえます。

あれから3年以上が経過し、調べてみたところ、LTFSを実行出来るドライバも新しいverに変わっている様子。近日中にテストしてみる予定です。
posted by tera-pro管理人 at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 試用いろいろ