2017年06月15日

洪水浸水想定マップ

地元のニュースでも出ていた1000年に一度の大雨による洪水予想発表。これからの台風や雨の季節、気にもなるので河川事務所のサイトを見てみました。
http://www.yodogawa.kkr.mlit.go.jp/activity/maintenance/possess/sim/bosai_sonae_01hyo.html

マップによると奈良線(赤い線)より川寄りの近鉄京都線、国道周辺は、ほぼ全滅。事務所や居住の拠点を置くべきじゃないですね。好きで住んでいる訳でない人には申し訳ないですが。この地域は旧来からの市街で、木津川の治水が十分でなかった、その昔、度々氾濫を起こしては良く浸かったそうです。
いざという時、およその危険地域の限界ラインを知っておく方法として、一度は、地元地域の情報を閲覧しておいて損はないと思います。ちなみに奈良線ですが、その開通は明治時代。当時、洪水まで想定していたのかは知る由もありませんが、敷設ルートを決めた人は偉いと思います。
スクリーンショット 2017-06-15 11.15.46.jpg
posted by tera-pro管理人 at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
MAILiconDownload.cgi.jpeg
Powered by さくらのブログ