2017年06月04日

続サブカメラ候補? AU-EVA1

Panasonicからもミドルレンジのレンズ交換式シネマカメラ発表。まだ、大まかな概要しか出ておらず、仕様情報が限られていますが、ウチにもある同社のAG-AF100を、今時のスペックに一から作り直した感があります。
http://pro-av.panasonic.net/jp/eva1/index.html

現時点で同機の最も評価できそうな点。
○レンズマウントにCanonのEFマウント採用。まあ映画で確固たる規格であるスーパー35mmのイメージサークルをカバーするには、同社が押しているマイクロフォーサーズでは物理的に対応不可ですんで、メーカー間の垣根を越えた採用は正しい判断かと。本体から露出やAF等の電気的な制御がどこまで対応しているかは不明です。

○SDカードで初めて、4:2:2 10bitの4K60Pの記録対応。400Mbpsという中途半端なレートが気にかかります。どんなファイルフォーマットなのでしょうか。

VFには別パーツのフードが付くようですが、屋外撮影だと遮光の工夫は、それなりに必要としそうです。今秋発売で価格は予想より高めですが、同社の製品は出回ってみないと、実売価格が想定外の展開になったりする前例がありますんで(汗)。一度、現物を見てみたいです。デモ機は貸してもらえるかなぁ。
posted by tera-pro管理人 at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記