2017年05月24日

防錆施工から5年

今年も間もなく車検。何日かに分けながら整備点検をやっております。今日の作業は右側後輪のブレーキ点検とその周辺車体に施工した防錆剤のメンテナンスです。車端部の梁部分も、5年前にセプターP101という錆転換剤を塗ったおかげで錆が見られません。
IMG_2767.JPG

後部の裾部分は、普段樹脂バンパーで覆われていて最も錆やすい部分。取り外すと車体に吹き付けたノックスドールで真っ黒なベトベト状態に。赤丸部分は予防で裏側に塗って、はみ出たセプター101Pが乾いた後で赤錆ではありません。傍目には車がボロく見えてしまうのがなんともです。右側タイヤハウスから車端側は給油口の配管カバーがある関係で裏に錆を呼ぶ泥が溜まります。今年は分解して掃除とノックスドールの塗り重ねを行いました。
002.jpg

燃料タンク外側の床板にある小物入れの底です。ここも、施工時に錆かけていましたが、腐食は進行していない様子で安心。最後にフレームを脱脂の上、シャーシブラックを上塗りします。
003.jpg

参考までに、5年前からの様子です。
↓防錆作業の模様
http://tera-pro.blog.so-net.ne.jp/2012-06-04
http://tera-pro.blog.so-net.ne.jp/2012-06-08

↓施行半年後の様子
http://tera-pro.blog.so-net.ne.jp/2012-10-29

↓施工3年後の様子
http://tera-pro.blog.so-net.ne.jp/2015-06-16
posted by tera-pro管理人 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車
MAILiconDownload.cgi.jpeg
Powered by さくらのブログ