2017年08月22日

法定耐用年数

PCの法定耐用年数は4年。カメラ等の光学機器は5年。会社や個人事業で取得後は個々の購入費を、対応する耐用年数にわけて費用化、いわゆる減価償却をしていくことになります。
去年度は大幅な赤字(泣)を出してしまい、備品の償却も殆ど保留となりました。近頃、目立って効果が薄れてきた雑誌広告費をカットしたりで、今年は、不用品の売却益もあって一部機材をの償却を再開。写真のMac Proも、帳簿上はどちらも残り10万円を切りました。少なくとも来年以降とされる新モデルが出るまで、まだまだ一線で使い倒す方向ですが、数字だけでみると一変に所有する価値も下がったように感じますね。ちなみに最後の帳簿価格はPCも億単位の鉄道車両も1円になります。
IMG_3028.JPG
posted by tera-pro管理人 at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記